大学院生の就活でのコロナによる影響から取るべき行動と予想【22卒・21卒必見】

Photo by Ivan Oboleninov from Pexels
就職活動

話題のコロナウイルスによる影響で、就職活動における合説だけでなく1dayインターンや他の説明会も中止になっており、就活にどのような影響を及ぼすのか不安な方も多いと思います。

本記事では、どういった悪影響があるのか・それに対して取るべき行動・そして次の22卒以降への影響について考察と予測をまとめました。

✔本記事の内容

・コロナウイルスによる大学院の就職活動への影響と現状
・インターン経験ありの学生は特に内定を得やすい!?
・21卒の修士生が取るべき行動【無難かつ情報戦が勝負の鍵】
・22卒の修士生が取るべき行動【むしろ厳しい状況になる可能性が高い】


僕は大手に勤める元理系大学院生です。
後輩の就活を見ていて思ったこと実際他の学生にアドバイスしていることについて共有しています。

本記事を読むことで世界の経済的状況からどのような影響が就活にあるのかというのも分かってくると思います。

コロナウイルスによる大学院の就職活動への影響と現状

ご存知の通り、合説や説明会・インターン、更には学校に直接訪れるようなOB・OG訪問でさえなくなっています。

面接はおそらく今まで通りする会社もあれば、延期する会社やビデオ通話による面談など様々な対応をとっているかと思います。

会社によって様々ですが、予想以上にコロナの影響が強く政府や世界WHOでさえかなり危険視している状況なので、大企業中小企業関係なしに就活で人を集めることに対して自粛しているのが現状だと言えます。

となると、企業側も学生側もお互い知るチャンスがなくなっていくことになるでしょう。つまり、面接のみでの判断またはインターンでの判断に委ねられやすくなるかと思います。

採用人数に関しては、経営方針を柔軟に変化できるので中小企業であれば少なくなる可能性がありますが、それでも急に来たコロナウイルスに対してすぐに変化させる対応するのは難しいかと思うので変わらない可能性の方が高いと言えます。

インターン経験ありの学生は特に内定を得やすい!?

Photo by Helena Lopes from Pexels

上記で述べましたが、確実に言えることとして、インターン生のインターン先への内定は例年以上に高いと言えます。

理由は先ほども述べた通り、1dayや説明会で学生を知るチャンスが減っているからです。

企業としてはどんな子か面接だけでなく、説明会や1day、OBOG訪問から普段の姿を見るところをそれができない状況となっている今、無難な選択をとるのが企業として鉄則だと言えます。

なので、インターン先への就職は強いです。そして、僕だったら…ですが、他の企業も考えているとしたら、おそらくインターン先の面接は裏ルートなどで早く進む可能性があるかもしれませんが、わざと電話で遅らせて他の企業の面接を早めに進ませていくと思います。(インターン先への内定が確実と仮定してるからなのと推薦を求められるためです)

>>参考記事:インターンシップが就職に有利?裏ルートがある?大学院生必見の実体験を教えます

21卒の修士生が取るべき行動【無難かつ情報戦が勝負の鍵】

結論から言うと、無難な行動を取る学生の方が就職は有利に進めれると思います。

なぜなら、学生を知る機会が普段よりも少ないからです。更に企業側もパニック状態が故に無難な人材の方が楽に採用活動を進めれるからです(楽=効率的です:特にコロナの影響で時間的制約が発生しているので)

インターンを除けば、よりOB・OGの繋がり・学歴フィルターが色濃くなると僕はにらんでいます。

プラスアルファで例年通りの動きではなくなるので、別途急遽開かれるような説明会や個人的なOBとの繋がりなど情報戦が厳しくなるかと思います。

できるだけ周りの学生との情報共有だけでなく、企業側のOB・OGなどとも積極的に質問や関わりを作っておくことをオススメします。

本当はコロナの影響がなくてもやるべきことではあるのですが、どうしても通例とは異なる分、情報戦による優越がより顕著になりやすいと思うので、周りを見て行動するのではなく、自分の意志で早めに判断・そして企業との積極的なコミュニケーションを図っていきましょう。

とはいえ、先ほども述べた通り、企業側が学生を判断する材料の不足に悩むと予想できるので、あくまで希望就職先には確実に内定の取れそうな企業をいくつか受けておく必要があります。

もう一点、ウェブ面接を実施する企業が急増しています。良ければ下記サイトにてウェブ面接を受ける流れや注意点についてまとめてくれているサイトがあるので参考にしてみてください。
22卒の修士生が取るべき行動【むしろ厳しい状況になる可能性が高い】

個人的見解としては22卒は21卒よりも厳しい状況になる可能性があるのではないかと考えています。

理由としては、採用人数枠が全体的に少なくなるからだと考えています。

これはコロナウイルスの影響だけでなく、もしかしたら各会社のオリンピックに関しても見込み収益が激減するために次年度採用者の人数を減らす必要があるという動きを見せるからです。

なので、例年以上に厳しい戦いになることから早めの行動やインターンの重要性が高まるかと思います。

また22卒の方も確実性の高い(内定を貰いやすい)企業を複数受けることを前提に行動すべきです。おそらく上の先輩が色々と有名大手・大企業にスルッと受かってるのを目の当たりにしていると思いますが、「20卒前までは売り手市場だった」からという理由が強いです。

それを念頭により就活が厳しくなると身構えながら就職活動に臨みましょう。

>>参考記事:理系大学院生が就活を有利に進めるための事前準備【本選考前の最重要チェック事項】
>>参考記事:インターンシップが就職に有利?裏ルートがある?大学院生必見の実体験を教えます

まとめ

コロナウイルス一つとっても経済的視点から色々と採用に関して予想を立てることができます。

今転職が当たり前になっているので、今年は採用が厳しいということで落ち込むのではなく、むしろ転職を考慮した就職活動をしてみるのもアリだと思います。

意外と肩の荷が下りるし、自然体で面接に臨めるのでオススメです。

また今後の動向としてオリンピックがいつを目処に延期になるのかも確認しておくといいと思います。

>>参考記事:理系大学院生が就活を有利に進めるための事前準備【本選考前の最重要チェック事項】
>>参考記事:インターンシップが就職に有利?裏ルートがある?大学院生必見の実体験を教えます