キミスカの適性検査をやるべき理由と方法を解説【無料2ステップで診断結果】

就職活動

キミスカの適性検査ってよく聞くけど何!?
実際にその診断結果って適切なの?


という方のために他サイト・就活支援サイトとも比較しながら特徴と実際の診断までの流れまで解説していきます。

✔本記事の内容

・キミスカの適性検査って何?
・診断結果までの流れ【3ステップ】
・使ってみた感想


僕も実際に色んなサイトで自己分析のために診断してきましたのでその経験をもとに皆さんに知っていただければと思います。

説明はいいから早速、適性検査を受けてみる。

キミスカの適性検査って何?

Photo by mentatdgt from Pexels

そもそも「キミスカはリクナビ・マイナビに次いで、次世代の就活支援サイトになるともいわれている、学生一人一人に沿って企業側との相性を考慮してマッチングの場を提供してくれるサイトです。

なんといってもキミスカの適性検査のその精度の高さが有名で、自己分析ツールは就活が捗るから使え【Twitter就活界隈で話題】の中でTwitter就活界隈でもかなり話題になっていることが分かるかと思います。

ただ質問数が良くも悪くも多く150個にも上るので面倒だからしないという学生が多いようです。
その分、自己分析ツールから150個の質問に答えることで、【価値観・ストレス耐性・性格・思考傾向…など】様々な観点からあなたのことを把握することができます。

診断結果までの流れ【2ステップ】

まずは会員登録【基本情報の入力】

まずは会員登録 をします。その後、基本情報、プロフィール入力に進みます。

以上の画面に基本情報の入力を進めます。
自己PRは入力しなくても次に進めますが適性検査を受けるには入力が必須になってきますので就活のESの練習だと思って入力しましょう。こういう場面で面倒くさくなって結局しない学生は就活本番になって焦って中途半端になるのがオチです。

適性検査を始める

マイページから下の適性検査をクリックします。

だいたい20分ぐらいで検査が終わります^^

使ってみた感想

使ってみて思ったのは他の適性検査よりも様々な側面から数値化されていて理系の僕としては分かりやすく感じました。

特にインターンシップで実際に働いた後に適性検査結果を確認して比較することで、実働上での自分との比較を行うことができてすごく助かりました!!
>参考記事:インターンシップが就職に有利?裏ルートがある?大学院生必見の実体験を教えます

ただ、本当に質問項目が多く、学業でポンコツだった僕には集中力が続かず…(笑)

それを反映するかのようにしっかりと審査結果に表れていましたw

まとめ

色々言いましたが、他の適性検査も色々試してみたらいいと思います。

何度も繰り返すことで自己分析が違った形で見えてくると思うので、 キミスカ もあくまでその一つの参考例として暇があれば使ってみてください^^