研究室でアルバイト禁止の貧乏学生が短時間でお金を稼ぐ方法【悪用厳禁】

研究室


研究室が厳しくバイトが禁止…お金もないし研究が忙しくて時間もない…
でも何とか短時間でお金を稼ぐ方法はないですか?

本記事ではそんな疑問にお答えします!

本記事の内容

・実質タダで通える!?学費免除と給付型奨学金を使う
・研究とバイトを両立するオススメ短期で出勤可能なアルバイトの求人サイト


一番オススメしているのは奨学金貸与と学費免除の申請です。

特に給付型奨学金は返す必要がなく書類だけで終わることもあるので研究に割く時間を増やすことができます。

ただ僕自身も学生だったのでバイトでの収入を増やしたいという気持ちも痛いほど分かるので、研究時間を確保しつつスキマ時間でできるアルバイトについて記事でまとめました。

実質タダで通える!?学費免除と給付型奨学金を使う

学費免除

学校によると思いますが学費免除(授業料免除)は通ってる学校のホームページを確認してみてください!

授業料免除は学力ではなく家庭の収入状況によるところが大きいので一度提出してみてもいいと思います!半額免除になる可能性もあるので出して損はないと思います。

更に奨学金の免除(2年間で約200万円)申請もできるので是非やってみてください!
この免除申請なんですが、大学院時代の活動(研究実績や成績、課外活動)をもとに点数化され最終的に審査されます。

この点数を稼ぐには研究活動で成果を出すことで点数を増やすことができます。

よく言われている点数は以下の通りです。

国内学会10点・国際学会20点・共著論文30点・論文(筆頭著者)50点・成績max10点・TA10点・博士進学50点

あくまでも噂ですが、大学院での比重としてもこれぐらいが妥当な点数に思えます。

給付型奨学金

大学院では「給付型奨学金」という返済義務のない奨学金(タダでゲットできる奨学金)が数多くあります。

家庭の経済状況が困窮している学生の為のものも多いのですが、成績上位者や研究で成果を出している学生への奨学金も多くあります!

基本的には大学の掲示板などに張り出されているかホームページで検索すればあると思います。

下記サイトを参考にするとわかりますが、月1万~など様々です。

返す必要のない奨学金一覧

実際に申請しようとすると分かると思いますが提出する書類が様々で大変です。
ですが、バイトを月5万円ペースでがんばって収入を増やすよりも、数時間で終わる書類作成で数十万円貰えることもあるので、ぜひ申請することをおすすめします。

研究とバイトを両立するオススメ短期アルバイト求人サイト

どうしてもバイトして短期的にでもお金が欲しいという方にオススメのバイトを紹介してくれるサイト3つ紹介します。

実際に周りの学生でも使ってる方が多いサイトで

  • 期間限定で登録後、バイト採用時に採用祝い金として1万円~5万円貰えること
  • 短期バイトや求人数も多く、柔軟なスケジュール調整が可能である
  • 隙間時間に探せる

といった特徴を持っています。

以下それぞれのサイトを説明しますが、どれも大手なので聞いたことある人も多いと思います。

アルバイトEX

アルバイトEXは大手求人サイトと提携しており、2020年1月現在で求人情報が約93万件にも上ります。

またアルバイトEXは期間限定で最大5万円のバイト採用お祝い金制度もキャンペーン期間中だそうです

僕が使っていた時はなかったのですがバイト採用後に抽選で10万円の支給もあるそうです。

幅広く求人を扱っておりバイト探しで困ったときにいつでも何かしらあるイメージです。

マッハバイト

マッハバイトに関してもバイト採用後に最短翌日には1万円がお祝い金としてもらえます。

アルバイトEXよりも求人数は少なくなりますが、それでも19万件程度あるので非常に豊富です。

応募から採用までの時間がかなり早く、条件さえ整えばバイトに入りたいと思ったその日即日で入ることができますので、実験の合間などでスキマ時間を見つけたときによく使っていました。

バイトル

CMでも話題の「バイトル」は関東在住の方に推奨したい求人サイトとなります。

関東地方に特化しており関東エリアだけで170万件以上の求人掲載数を有しています。

マッハバイトにも劣らないくらい速攻で登録できますので研究室の合間などにポチポチしてもいいですね。

まとめ

正直に言うと、理系大学院生であればアルバイトをしないのがベストかと思います。

その証拠にかなりの数の民間奨学金がありますので。

とはいえ、短期的にアルバイトをしてお金を稼いで遊びたい!という気持ちも非常に分かります(笑)