英語素人が実際にオンライン英会話を体験した感想【レアジョブのコスパ最強】

英語


日常会話でいいから英語を話せるようになりたい方へ

オンライン英会話がいいって聞いたけどどれがいいのかわからない…
あと、できれば、実際に体験した人の話を詳しく聞いてみたい…


そんな疑問に実際にオンライン英会話を体験した僕の意見と感想を話します。

本記事では、下記の内容を解説します。

—-本記事は3-4分で読めます—-

✔本記事の内容


当時の英語力:TOEIC420点、英検準2級、高校の英語成績75点ぐらいでした。所謂、標準ですね
が、約5年前(21歳)、怒涛の毎日1時間レアジョブでフィリピン人と話すことで約1カ月でしどろもどろに日常会話を話せるようになりました。

今ではアメリカへの交換留学、研究では国際学会で英語発表、外国人との共同研究など実践的な現場で経験させてもらってます。

もちろん、オンライン英会話をする際、他にも英会話の勉強をしていたのでよかったらこちらも参考にしてみてください。ただし勉強といっても重要なのはアウトプットです。

>参考:1カ月で日常英会話を話せた、たった3つの上達方法を紹介します

一応、想定する英語レベルとして中学英語(特に1年生と2年生の内容)がある程度理解出来たら十分です。

英語素人が実際にオンライン英会話を体験してみたレビュー【コスパ最強でした】

Photo by 祝 鹤槐 from Pexels

結論から言うと、別にポジショントークとかではなく、英会話の能力が爆伸びしました。
ドンドン実践できる場が格安で提供されるため、 やる気さえあれば、普通の英会話英会話教室よりも早く上達するでしょう。

あと結構勘違いしてる方が多いのですが、初心者が最初からネイティブと話すことはあまりオススメしません。
正直ハードルが高く、例えば、【単純に話すスピードが速い】・【日本人がいきなり聞き取れる発音ではない】・【スラングや方言が入るとお手上げ】などがあります。

意外とノンネイティブの方が綺麗かつフォーマルな英語を使っています。
これは自分自身または周りの日本人で考えたら分かりやすいと思います。想像してみてください。
癖、方言、若者言葉を使わず、かつ、教科書に乗っ取った綺麗な日本語を使う人はいるでしょうか?

おそらくいないと思います…しかも外国人が知らない難しい言葉を使ったり、文化・歴史からできた言葉を無意識に使っており、それらは日本語を学ぶ外国人にとってとても難解なものとなります。

実際に体験してみた感想【当時のレアジョブは最強でした】

✔始めようと思った経緯

僕が始めようと思った経緯は地方出身で周りに外国人と話せるようなコミュニティやイベントが少なかったこと、学生だったのでお金が無かったことが大きいです。モチベーションとしては早く実践に入りたいという気持ちが大きく、日本で英語を話せるようになりたいという野心が強くありました。

そんな中で、オンライン英会話があるというのをネット上で知り、「安さ」「マンツーマンで対話可能」「実践型」という点からそのまま勢いだけで気付いたらポチってました(笑)…(今思えば衝動的に購入したのが正解だったと思います)

✔良かった点

今思えばネイティブとは違ってゆっくりかつ丁寧に話してくれるので、最初から気負わず話すことができました。

特に当時21歳の僕はギラついてたので、厚かましいぐらいに話そうと必死になっており、その点オンライン英会話でマンツーマンだとフィリピン人講師の方がしっかり聞いてくれるのでちょうどよかったように思います。

こちらの要求に対しても柔軟に対応してくれてある意味日本人より融通がきく国民の気質に助けられました(笑) (勝手にその日の学習内容を変更してくれと要求してたりしてました)

逆に受け身だったとしても、話さざるを得ない状況(話さないと気まずい状況)になるので、それはそれでありだと思います。

結果としては、毎日1時間、最大限活用できたので自分で言うのも変ですがかなり英語の実践力としては伸びました。

✔悪かった点

悪かった点で大きかったのは2つあり、講師の質にバラツキがあること、と、教材・学習プロセスが不十分(十分検討されていない)なことだと思います。この2つはよく言われてますが、実際そうだと思いました。

まず講師の質に関しては、人気のある講師を選べれば大丈夫ですが、そういった講師は予約でいっぱいなので、どうしてもあたってしまう場合があるので、アンラッキーとしかいえないです。

これはある意味日本以外の国のリアルというか、仕事に対してのモチベーション・質にバラツキがあるのは外国人の特徴なのでそれも文化として受け入れる方が楽だと思います。実際、海外旅行すると店の店員が仕事中に居眠りしてたり態度が悪かったりスマホいじってたりなんてザラにあるので…


後者の不十分な学習プログラムに関しては、確かにそうですが、逆に言えば受講者本人の意思次第で良くも悪くもなります。

実際、僕の場合、教科書はいいから60分全部フリートークにしてくれ、とか、ディベートにトライしてみたいとか言ったらその通りにしてくれてました^^

✔他の口コミ

他の口コミを見ていると、一貫して多いなと思ったコメントは、良い面も悪い面も含めて講師の実力の差が非常に大きいということです。中学英語がそもそも分からない人には厳しいという意見や自由に受講を選択できるあって毎日続けるモチベーションを維持するのが大変だという意見がありました。

逆に良い点としては、講師が優しいであったり、シャイな方でも講師が丁寧でだんだんと慣れてきて話せるようになった、柔軟な対応をしてくれる、丁寧なフィードバックが貰えるので次の修正に活かせるなどがありました。

ちなみに僕の知り合いに30代後半の方がいて以前オススメして始めてから1年ぐらいたってから海外の人と話す機会があり、その時にはすでに積極的にペラペラと話されていたのを見てすごっと思いました。

✔向いている人

ずばり、積極性がある人で特に分からなくてもちゃんと聞ける人だと思います。あとは、細かい文法や単語の意味にとらわれずに、間違っててもまぁいいかと思える人にオススメです。スポーツ感覚で取り組めれたら上達が早いと思います。

逆に生粋の日本人気質で1つ1つ完璧にこなしていきたいという方はキツく感じるかと思います…あとは、サービスに対する質の高さを求める方もそもそも外国人の気質と合わない可能性が高いので注意が必要です

✔コスパ

コスパは普通の英会話教室に比べると神レベルだと思います。悪い点としてサービスの質が多少下がるぐらいなので英語を話し始めたい初心者にとっては最強です!

マンツーマンで考えたとき、普通の英会話が1レッスン40分で6000円(某有名英会話教室参考)とかに対してオンライン英会話だと1レッスン50分で300~400円程度なので一目瞭然だと思います。

これでサービスの質云々といってもどうしようもない気がします…

結局、自分の経験を踏まえても、迷っていて、「何となくやってみればいつか70%ぐらいの確率で役に立ちそう!」って一瞬でも思えば即日で始めることをオススメします。(というかそういう取り組み方をできる人が実際英語を話せるようになっていく気がします)


当時流行っていたのはレアジョブだったんですが、5年経ってることもあって、様相も結構変わってるかなぁと思ったので、3章に他のオンライン英会話教室について比較してみました。

2. オススメの使い方【マンツーマン+1回60分+フィリピン人講師+毎日】

上記のマンツーマン、1レッスン60分、フィリピン人講師(日本人講師は絶対選ばない)で毎日受講が良いと思います。特に英語を伸ばしたい会話ができるようになりたいと思うのであれば、騙されたと思ってできるだけ短期間で詰めて行うことを推奨します。

あとは、受講中に教材への取り組みが無駄だと思ったら自分でフリートークに変更してくれとか、この単元を中心にしたいと積極的に言っていきましょう。

講師の皆さんは話してもらいたいと思ってあなたに教えているので積極的に自分が何をしたいのか伝えていく方が教える側としても楽しい・やりがいがある・もっと頑張ろうと思えると、何度か講師から直接聞きました。


なので、気を遣うのではなく、英会話の時間だけは自分が何をしたいのか表現する時間にしてください!そういう経験が海外旅行や外国人と話す実践で活きてきます。

3. 他のオンライン英会話と比較【あなたに合ったプランで選択可能です】

Photo-by-Visual-Tag-Mx-from-Pexels

と一応僕が選んだオンライン英会話は5年前でまだ発展途上だったとき…

昨日調べてみると色々とオンライン英会話が充実(ある意味多すぎ)しているので、個人的に良さげだなと思ったものを4つ選びました。

それぞれ特徴があるので、自分に合いそうなものを選んでください。

フィリピン英会話ネットPEN 【大穴の狙い目、レビューは怪しいが融通効きやすいかも…】
学研のKiminiオンライン英会話【とりあえず迷ったらここ!】
レアジョブ【大手だけど人気が高いため、予約が埋まって人気講師を確保できないかも】
オンライン英会話ボストン倶楽部 【上級者向け、面白いシステム、少し高額】


以下、それぞれの特徴を調べてみたので参考にしてみてください!

✔フィリピン英会話ネット(PEN)

当時の学生だった僕ならここを選んでると思います。2レッスン(50分)380円として毎日しても1カ月で11400円。しかもチケット制で1レッスン1チケットで購入から90日間有効みたいなので、もしその日が忙しくて無理だったとしても繰り越し使用可能みたいです。

レビューは正直良くなかったですが、むしろ講師と自由に話したり融通が聞くんじゃないかという点、ダメならとりあえず50枚9500円購入して使い切ったら辞めれる点、自主的に取り組めば効果の最大化が期待できるという点からむしろ狙い目かなと思いました。サービスの質が悪くても、とりあえず話せたら万々歳、安いから損失が少ないのもグッドです。

✔学研のKiminiオンライン英会話

まぁ一番安心かつ無難な選択だと思います。レビューや口コミを見ても悪い点はほとんど書かれてなかったので、迷ったらここじゃないでしょうか。敢えて言うなら上級者の意見が少なかったように思えるのでそこは心配です。たぶん大丈夫だと思いますが…学研だし(笑)

料金も1日2レッスン50分毎日で月々1万円ちょっと、しかも今なら期間限定?で10日間の無料お試しキャンペーンをやってるのでとりあえず試してみることをオススメします。

✔レアジョブ

ここも無難だと思います。ただ、人気も高いだけに講師の予約の際、人気講師を選択できない…という声がチラホラありました。もちろん大手で教育しているとは思いますが、全講師に対応できてるかは不明なので何とも言えないです。当時(5年前)は過疎ってたので良かったですが…

レビューも多すぎてどれが真実か分からないのでまぁ保留かなって感じです(笑)
といっても安いことには変わりないので損はないと思いますよ!

✔オンライン英会話ボストン倶楽部

費用は高くなりますが、面白いレッスン内容だったので取り上げました!グループ4人で受けると1レッスンの費用が4分の1になる、欧米人なのでリアルなネイティブの英語を体感できる、上級者にも対応してそう?ってのが良さげに思いました。
慣れてきたらここもありかもしれないです。

まとめ

個人的には、迷ったら学研のKiminiオンライン英会話が一番安心な選択、次にレアジョブフィリピン英会話ネット(PEN)が大穴で、慣れてきた人はオンライン英会話ボストン倶楽部に挑戦するのがアリなのかなと思いました。

あくまで個人的な意見なんで、最後はご自身の判断できめてください!

結論【思い立ったが吉日、即座に取り組んだもん勝ち】

題目の通りです。英会話のようなアクティブなスキルというのは、行動したもの勝ち、先に動いたものが先に成長するというのは事実であると思います。

最後によかったらこちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

オンライン英会話と同時にやっておくべきことをまとめて書いています。

>参考:1カ月で日常英会話を話せた、たった3つの上達方法を紹介します