奨学金(約210万円)を返還免除にするための基準と方法を解説します。

Photo by Moose Photos from Pexels
研究室


大学院生で研究室が忙しくてバイトができないのでお金がない方へ。

大学院にもなってお金に苦労したくない…
でも研究室が忙しくて時間がないし
だけど何とかお金の余裕が欲しい。


本記事では、下記の内容を解説します。


奨学金(約210万円)を返還免除にするための基準と方法を解説します。

1. 奨学金の免除とは

2. 免除を狙うためにやるべきこと

3. その他お金を大学院という立場から捻出する方法

僕は大手メーカーに勤める元理系大学院生です。
奨学金免除を狙い査読付き論文投稿(現在審査中)まで行う事ができました!!その中で色々と奨学金免除の基準について調べたので共有できたらと思い本記事を書いています。

奨学金(約200万円)を返還免除にするための基準と方法を解説します。

1.奨学金の免除とは

日本学生支援機構奨学金(月8万8千円:2年間)は免除申請することができます。

免除の合否について、全額免除か半額免除があり、ぶっちゃけそれなりに研究を頑張るだけで半額になる可能性は高いです。

基本的に大学院生であれば無利子の貸与型奨学金を受けられます。
これは、分野(理系・文系・国立・私立)を問わず全ての学生が対象となります。

そして、実は免除申請を行うことができ、学校毎または学校の学科毎に決まった評価項目によって点数化されて免除の可否が行われます。

ここで、評価項目は単純な成績ではないことに注意してください。

最も採点が大きい項目としては研究成果が挙げられます。大学院は研究機関でもあるので当たり前ですよね。

その評価としては、学会(学外で専門分野が集まるイベントのような場所)での発表、その時に受けた表彰、論文投稿(卒論や修論ではなく、雑誌ジャーナルへの投稿)、共著論文(ある研究に対して何かしらの貢献を行った場合にある)などが挙げられます。


賛否両論はあるのですが、免除が欲しいだけであれば評価として質より量の方が重視される傾向にあるので数多く点数を稼ぐことをオススメします。

また下に返還免除が認定された人のデータを以下に示します。

日本学生支援機構ホームページ


・ポイント


免除申請者(推薦者数)の内、全額か半額免除は99.4%


・内半額免除が2/3、全額免除が1/3



逆に言うと、申請して学内推薦さえ通ればよっぽどではない限り少なくとも半額免除を狙える可能性が高いことが言えます。

2.免除を狙うためにやるべきこと

基本的には学会への参加を積極的にするのが定石かと思います。

学会発表はポイントが割と高いらしく、慣れれば数多く稼ぐことができます。

研究室にもよりますが、大学院に入れば教員から学会発表への参加を求められる可能性が高いと思います。そういった時に積極的に参加してポイントを稼ぐことをオススメします。

あと大学院の授業の成績は高い方がいいのか?と聞かれることがありますが、免除の一つの基準にはなるらしいですがそれほど大きなポイントではないようで(噂では最大でも国内学会発表と同じ点数)、その時間を使うなら研究成果を出して学会発表や論文投稿へ注力した方が効率がいいと思います。

あとは、研究室によりますが、外部との研究が多い研究室であれば共著論文に乗る可能性が出てくるので、その際に乗れるようコア技術を習得(特殊な訓練が必要な実験装置の扱い方)しておくと指示された実験をしておくだけで共著を稼げたりします。

 

そして、一番高いポイントは二つあり、それは博士課程へ進むまたはファーストオーサーで論文投稿をするになります。

前者は、本人次第ですので何とも言えないですが、後者であればお金だけでなく、様々なスキルを磨くことができるので是非トライしてみることをオススメします。

ただ、インパクトファクター(論文を投稿した先の雑誌の質を点数化したもの)の提出は求められますが、実際あまり考慮されていないという噂があります。

であれば、カンファレンスペーパーやプロシーディングスなどの通常の論文よりも難易度を下げて論文投稿が可能となるので、研究室によっては荒稼ぎできると思います。

もし奨学金免除したいけど研究室選びに迷っているならアクティビティが高い、論文が毎年数本出てるような研究室を事前にチェックしておきその研究室に入ることをオススメします。
特にその研究室のHPを確認して頻繁に更新されているか確認すると分かりやすいと思います。
>>参考記事:失敗しない研究室の選び方と基準を解説【大学受験より大切です】



またそもそも何はともあれ研究成果を出したい、成果が出ないという方は成果を出す方法についてまとめた記事がありますのでこちらを参考にしてみてください。
>>参考:研究の成果、結果が出ない時の対処方法【修士は絶対チェックすべき項目】

3.その他お金を大学院という立場から捻出する方法

他の手段としては民間の給付型奨学金を申請してみるというのがあります。

もともと返済不要の奨学金が意外と充実しているのでチェックしてみることをオススメします。
>>参考:返さなくていい奨学金一覧

あとは、僕自身、学費の免除申請を毎年行っており、年間約50万円の免除を受けていました。

もし、それ以外でお金を稼ぎたい、でも研究室が忙しくて時間がないという方であれば研究の合間のスキマ時間に短時間アルバイトなどもオススメします。

よかったら、アルバイト禁止の研究室で短期間でお金を稼いだ方法についても以前の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

>>参考:研究室でアルバイト禁止の貧乏学生が短時間でお金を稼ぐ方法【悪用厳禁】

まとめ

この記事の内容をまとめます。


・大学院で貰える奨学金は免除申請をすればほぼ100%半額か全額免除できます。

・免除を狙うためには学会への参加や論文投稿を積極的に行いましょう。

・他にもお金を稼ぐ手段はあるので、利用できるものは活用していきましょう。

 

ってな感じです!

意外と知らない方は多いですが、大学院ってクリエイティブなスキルを磨けるうえに、お金もかからない、むしろお金を貰える環境が揃ってるので積極的に活用しない手はないと思います。

ちなみに僕は大学院で得た研究のノウハウをビジネスに応用することで短期間で結果を得ることができました。
>>参考記事:研究に学力不要!?副業にも活かせる大学院で本当に必要な能力
>>参考記事:大学院で習得できるスキル6選【理系は進学をオススメします】

大学院をすっ飛ばしていきなり社会人になるのもいいですが、理系なら研究室で一つのことを貫く経験をできるのは大学院時代ぐらいで、そこでの経験は他では得られないモノが多いので是非進学することをオススメします!